スポンサーリンク

Simple ADを利用して、AWS WorkSpacesを始める手順

Amazon VPC 内に、Simple ADを利用して、AWS WorkSpacesを始める手順を説明します。

Amazon VPCはプライベートサブネットで、アベイラビリティゾーンが2つ作成されいることとします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906141031p:plain

 

サービスで「WorkSpaces」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906141101p:plain

WorkSpacesの画面が表示されるので、「Get Started Now」をクリックします。

 

 

 

Simple AD の作成

f:id:ishimotohiroaki:20170906141629p:plain

Advanced Setupの「Launch」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906141834p:plain

「Simple AD の作成」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906142714p:plain

入力例です。

組織名「hirokun」

ディレクトリ DNS「hirokun.local」

NetBIOS名「HIROKUN」

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906143322p:plain

 

VPCはあらかじめ作成しておいたVPCを選択します。

サブネットはあらかじめ作成しておいた、ap-northeast-1cとap-northeast-1aのプライベートサブネットを選択します。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906144226p:plain

 

内容を確認して問題なければ、「Simple AD の作成」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906144702p:plain

Statusが「Requestd」になります。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906144914p:plain

2分後には、Organization Nameが表示され、Statusが「Creating」に変化しました。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906145210p:plain

5分後には、Statusが「Active」に変化しました。

 

 

Simple AD はLinuxやWindowsから管理できます。

Linuxで管理▼

AWS Solutions Architect ブログ: Simple ADディレクトリのID管理方法

 

Windowsで管理▼

ユーザーおよびグループを追加する (Simple AD および Microsoft AD) - AWS Directory Service

 

 

 

WorkSpacesの作成

f:id:ishimotohiroaki:20170906145435p:plain

画面左の「WorkSpaces」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906151646p:plain

「Launch WorkSpaces」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906151819p:plain

Directoryには先に作成した、Simple Directoryの名前が入ります。
「Next Step」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906152056p:plain

Username、First Name、Last Name、Email、全項目を入力します。
全項目必須です。

「Create Users」をクリックします。

 

画面を下にスクロールすると、作成したユーザが表示されています。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906152437p:plain

「Next Step」をクリックします。

 

 

画面を下にスクロールします。

f:id:ishimotohiroaki:20170906152707p:plain

BundleとLanguage(日本語と英語が選べます)を選択します。

 

画面を下にスクロールします。

f:id:ishimotohiroaki:20170906152918p:plain

ユーザ名、Bundle、Languageを確認します。

「Next Step」をクリックします。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906153729p:plain

 

Running Modeや、Encryptionを変更できます。

Running Modeではずっと起動させておくか、何時間で停止するか選択することができます。
停止時間を選択した場合は時間課金となります。

Eccryptionにより、ハードディスクの暗号化が可能となります。

 

画面を下にスクロールします。

f:id:ishimotohiroaki:20170906154050p:plain

「Next Step」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906154258p:plain

最後の画面となります。

自動停止の時間や、ハードディスクの暗号化が選択できます。

「Launch WorkSpaces」をクリックします。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906154501p:plain

作成されるまで最大20分かかります。
作成されるとユーザにメールが送信されます。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906160111p:plain

Statusが「AVAILABLE」になれば作成完了です。

 

 

メールが届きますので引き続き作業します。

f:id:ishimotohiroaki:20170906172659p:plain

 

1.のURLをクリックすると表示される画面でパスワードを設定します。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906175037p:plain

 

パスワードを入力して、ユーザーの更新をクリックします。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170906174302p:plain

ユーザーの更新が完了すると、クライアントダウンロードの画面が表示されるのでお使いのOS用のクライアントをダウンロードして導入します。

 

メールの手順に従って作業します。

 

無事にWindows7の画面が表示されればOKです。

 

 

 

WorkSpacesが開始できなくなった時の対応

f:id:ishimotohiroaki:20170907145551p:plain

わたしの場合、WorkSpacesを表示して、シャットダウン時に更新プログラムで更新を行うと、WorkSpacesを開始してもずっとSTARTINGのままで、時間が経つとSTOPPEDになるとゆう現象が繰り返されるようになりました。

 

この場合、AutoStopに設定されている1時間以内にアップデートが終わってない可能性がありますので、AutoStopの値を6時間以上に設定してください。

 

 

 

AWS WorkSpacesには無料利用枠があります

公式サイトの無料利用枠についての説明はこちら▼

料金 - Amazon WorkSpaces(仮想クラウドデスクトップ) | AWS

 

Windows7もしくはWindows7のスタンダードバンドルで無料利用枠が適用されます。

1ヶ月あたり合計最大で40時間となっていて、有効期限は利用を開始して2ヶ月間となっています。

利用していなくても2ヶ月が経過すると料金が発生しますので注意してください。

 

スポンサーリンク