スポンサーリンク

Amazon LinuxにVtiger CRM 7.1.0をインストール。日本語化まで行う

Vtiger CRM をベースに日本の環境にローカライズした、F-RevoCRMを導入したのだが、バグが多すぎてそのままでは使い物になりませんでした

 

Amazon Linux にF-Revo CRM 6.5.0を導入した記事はこちら▼

Amazon LinuxにF-RevoCRM6.5をインストール!はまりポイントなども紹介 - IT石ログ

 

Vtiger CRM 7.1.0を調べてみたところ、かなり洗練されていい印象を受けたので、Vtiger CRM 7.1.0に変更することにしました

 

 

目次

 

 

 

F-Revo CRM 6.5.0からVtiger CRM 7.0へのバージョンアップは失敗

vtigerの公式サイトにある、6.5.0から7.0.0へのマイグレーションツールを使ってみましたが、見事に失敗

公式サイト:Download Open Source | Vtiger CRM

 

しかたなく、あらかじめエクスポートしておいたデータをあてにして、新規インストールを行います

 

 

 

Vtiger CRM 7.0.0と7.0.1の導入は失敗

Vtiger CRM 7.0.0と7.0.1の導入もおこなってみましたが、正常に動作するまでにはいたりませんでした

7.1.0の導入がすんなりいったので特に調査もしてません

 

 

 

利用するOSやミドルウェア

Linuxは前回のものをそのまま、Amazon Linuxの「Amazon Linux AMI 2017.09.1 (HVM), SSD Volume Type - ami-a77c30c1」を利用します

Apacheは2.4、PHPは7.0、MySQLは5.6を利用します。いずれもそのままyumでインストールできるものです

 

PHPは5.6をインストールしてたので、アンインストールした後、php70を導入しました

php-curlも必須パッケージとなっているが見つからなかったのでスルー

 

Apacheもインストールしてたので、httpd.confを元に戻して再設定しました

この記事ではインストールから書いてます

 

MySQLもインストールしてたので、my.cnfを元に戻して再設定しました

この記事ではインストールから書いてます

 

 

 

EC2の作成、必要なパッケージのインストール

EC2作成

Amazon Linuxを利用します。Amazon Linux 2は利用しないように

EC2は無料利用枠もある「t2.micro」で作成

EBSはデフォルトの8GBで作成

一人、二人でテストするには十分です

 

 

Apacheのインストール・設定

Apacheは2.4をインストールします

$ sudo yum -y install httpd24

 

/etc/httpd/conf/httpd.confを変更

ディレクトリリスティングの無効化

<Directory "/var/www/html">
Options -Indexes +FollowSymLinks

 

サービス起動・自動起動設定
$ sudo service httpd start
$ sudo chkconfig httpd on

 

 

MySQL5.6のインストール・設定

MySQLは5.5と5.6がサポートされていますが、5.6をインストールします

$ sudo yum -y install mysql56
$ sudo yum -y install mysql56-server

 

/etc/my.cnfを設定

[mysqld]
character-set-server=utf8
sql_mode=ERROR_FOR_DIVISION_BY_ZERO,NO_AUTO_CREATE_USER,NO_ENGINE_SUBSTITUTION

[client]
default-character-set=utf8

 

初期設定
$ sudo mysql_secure_installation
# 何も入力せずにEnterキー
Enter current password for root (enter for none):
# MySQLのrootパスワードを設定する
Set root password? [Y/n]  Y
# 同じパスワードを2回続けて入力
New password:
Re-enter new password:
# すべての質問に Y と入力
Remove anonymous users? [Y/n]  Y
Disallow root login remotely? [Y/n]  Y
Remove test database and access to it? [Y/n]  n
Reload privilege tables now? [Y/n]  Y

 

サービス起動・自動起動設定
$ sudo service mysqld start
$ sudo chkconfig mysqld on

 

データベース作成
$ mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.

mysql> create database `vtigercrm` default charset utf8 default collate utf8_general_ci;

 

 

 

PHP7.0のインストール・設定

$ sudo yum  install php70 php70-imap
$ sudo yum -y install php70-mbstring php70-gd php70-mysqlnd
設定
$ sudo vi /etc/php.ini
memory_limit = 256M
max_execution_time = 3600
error_reporting = E_WARNING & ~E_NOTICE & ~E_DEPRECATED & ~E_STRICT
short_open_tags = Off
display_errors = On
log_errors = Off
pdo_mysql.default_socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
 
Apache再起動
$ sudo service httpd restart

 

 

Vtiger CRM 7.1.0のインストール・設定

公式サイトからVtiger CRM 7.1.0をダウンロードします▼

https://sourceforge.net/projects/vtigercrm/files/

 

ダウロードしたファイルを、/var/www/htmlにコピーします

解凍します

# tar xvfz vtigercrm7.1.0.tar.gz

# chown -R apache.apache vtigercrm

 

http://IPアドレス/vtigercrm にアクセスします

f:id:ishimotohiroaki:20180427173009p:plain

「Install」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427173045p:plain

「I Agree」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427173250p:plain

Present Value の項目に空白が無いことを確認します
もし空白があれば導入パッケージが不足しているということです

「Next」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427173429p:plain

確認画面が表示されるので「OK」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427173622p:plain

データベースの情報や管理者の情報を入力
「Next」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427173846p:plain

確認画面が表示されます
「Next」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427173934p:plain

「Next」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427174005p:plain

インストールが開始されます

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427174040p:plain

モジュールは後からでも無効にできるので、「Select All」をクリックします

下にスクロールします

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427174124p:plain

「Next」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427174207p:plain

言語は残念ながら日本語はありませんでした。「Get Started」をクリック

 

英語ですが使える状態になりました

 

 

cronの設定

/etc/cron.d/vtigercrmを作成します

* * * * * apache sh /var/www/html/vtigercrm/cron/vtigercron.sh

 

 

 

日本語化

Vtiger CRM 6.0用の言語パックですが、かなり日本語化してくれますので、この先は自力で

こちらのサイトから言語パックをダウンロードしてください▼
ダウンロード | vtiger CRM Info JP

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427181153p:plain

「三」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427181244p:plain

「Setting」「CRM Settings」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427181424p:plain

「MODULE MANAGEMENT」「Modules」「Import Module From Zip」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427181815p:plain

「I Accept ・・・」にチェック
「Select from My Computer」をクリック、ダウンロードしたlanguageを選択
「Import」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427182057p:plain

「I accept ・・・」にチェック
「Import Now」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427182409p:plain

右上の人のマークをクリック
「My Preferences」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427182703p:plain

画面を少し下にスクロールし、「Language」のところにマウスカーソルを移動すると、鉛筆マークが表示されるのでクリックします

 

f:id:ishimotohiroaki:20180427182808p:plain

Japanese(日本語)を選択し、「チェックマーク」をクリックします

 

これで画面を遷移すると、表示が日本語になります

スポンサーリンク