スポンサーリンク

Amazon Linux(EC2)への「EDIWave 全銀TCPクライアント」の導入

Amazon Linuxにユニリンク社の「EDIWave 全銀TCPクライアント」を導入しました。

 

環境

  • Amazon Linux AMI release 2016.09

 

 

 

導入手順

インストールを実行するとエラーが発生

$ sudo rpm -i zclient-2.3-6.i386.rpm
error: Failed dependencies:
	libc.so.6 is needed by zclient-2.3-6.i386
	libc.so.6(GLIBC_2.0) is needed by zclient-2.3-6.i386
	libc.so.6(GLIBC_2.1) is needed by zclient-2.3-6.i386
	libc.so.6(GLIBC_2.2) is needed by zclient-2.3-6.i386

 

64bitOSに導入を行うと発生するようなので追加パッケージを導入

$ sudo yum install libc.so.6

 

再度インストールを実行

$ sudo rpm -i zclient-2.3-6.i386.rpm

エラーが表示されなければ成功です。

 

インストールのディレクトリ構成

ホームディレクトリ:/usr/local/zhostd/

HTMLドキュメント:/var/www/html/zhostd/

CGIプログラム:/var/www/cgi-bin/zhostd/

その他、受信には/tmpを利用するので十分な空きが必要になります。

 

 

 

Webブラウザでログイン

ログイン画面(http://IPアドレス/zhostd/index.html)にアクセスすると文字化けが発生しました。

f:id:ishimotohiroaki:20170725100806p:plain

 

わたしはFirefoxを使っているので、文字コードの設定変更。

[表示] - [テキストエンコーディング] - [日本語(EUC-JP]

 

f:id:ishimotohiroaki:20170725100924p:plain

 

文字化けせずに表示されました。

 

インストール直後のユーザIDとパスワード

■管理者

ユーザーID:root

パスワード:admin

 

■一般ユーザー

ユーザーID:user

パスワード:ediwave

 

ログインも正常に行えました。

 

 

 

ファイル受信してからのデータ整形

全銀TCPのサーバにはIBM iSeriesを利用しました。

IBM iSeriesでは2種類のデータを用意してテストを行いました。

Aファイル・・・EBCDIC

Bファイル・・・ASCII

両ファイルとも1レコード200byteのファイルになっています。

 

UTF8への変換

iconv -f IBM-930 -t UTF-8 Aファイル > Aファイル.utf8

iconv -f IBM-943 -t UTF-8 Bファイル > Bファイル.utf8

 

200文字毎に改行を入れる

cat Aファイル.utf8 | grep -Eo .{200} > Aファイル.utf8.200

cat Bファイル.utf8 | grep -Eo .{200} > Bファイル.utf8.200

 

 

 

まとめ

しかしCLIで実行しても文字化けしています。

できればUTF-8対応してもらいところです。

スポンサーリンク