スポンサーリンク

初めてのVPC作成!1つのプライベートネットワークを作成

f:id:ishimotohiroaki:20170801102005j:plain

 

AWSサービスの一覧から、VPCをクリックします。

 

 

 

VPCの作成

f:id:ishimotohiroaki:20170801102507j:plain

 

「VPC ウィザードの開始」をクリックします。

 

デフォルトですでに1VPC作成されています。

これは仕様であり、デフォルトVPCは削除することもできます。

詳しくは以下を参照してください。

デフォルト VPC とデフォルトサブネット - Amazon Virtual Private Cloud

 

VPCのデフォルトだと上限は5になっており、それ以上作成する場合は緩和の申請が必要です。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170801102922j:plain

 

「プライベートのサブネットのみで、ハードウェアVPN アクセスを持つVPC」をクリックし、「選択」をクリックします。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170801104450j:plain

 

IPv4 CIDR ブロックは、10.0.0.0/16にします。

VPC名を入力します。わたしは、「VPC-????」を使います。後でも変更できます。

プライベートサブネットのIPv4 CIDRは、10.0.5.0/24にします。

アベイラビリティーゾーンは、ap-northeast-1aにします。

「次」をクリックします。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170801110016p:plain

 

「カスタマーゲートウェイIP」を入力します。これは自分の方のVPNルータのIPアドレスとなります。

「カスタマーゲートウェイ名」を入力します。これは自分の方の名前となります。わたしは「CG-????」と入力します。

「VPN接続名」を入力します。これはAWSの方の接続名となります。わたしは「VPN-????」と入力します。

最後に「VPNの作成」をクリックします。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170801110334p:plain

 

VPN作成が開始されますので待ちましょう。

 

今回は約2分で作成が完了しました。

f:id:ishimotohiroaki:20170801110808p:plain

「OK」をクリックします。

 

VPCの一覧が表示されて、さきほど作成したVPCが表示されます。

 

 

 

VPN接続用ルーター設定ファイルのダウンロード

f:id:ishimotohiroaki:20170801111536p:plain

 

「VPN接続」をクリックします。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170801111852p:plain

 

該当のVPN接続をクリックします。

「設定のダウンロード」をクリックすることで該当の機種用の設定ファイルをダウンロードすることができます。

ダウンロードしたファイルを元にVPNルーターを設定します。

 

 

 

ルートテーブルの変更

VPNルーターにルーティングするようにルートテーブルを設定します。

f:id:ishimotohiroaki:20170801113100p:plain

 

ルートテーブルをクリックします。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170801113127p:plain

変更したいサブネットを選択します。

該当のルーティングテーブルが表示されますので、「ルート」タブをクリックします。

今回は192.168.xxx.xxx向けのルートを幾つか追加しました。

これでそのIPアドレスについてはVPNルーターにルーティングされるようになります。

スポンサーリンク