スポンサーリンク

CentoOS7でOpenVPN2.4とEASY-RSA3を動作させたときのまとめ

OpenVPNは便利なので使うシーンが多いですよねでもCentOSのバージョンアップによるコマンドの変更や、easy-rsaのバージョンアップによる違いなどとまどうことも多いはず わたしもかなり苦労しました わたしと同じ目にあって時間をロスしないお役にたてればと…

CentOS6.7のKVMにCentOS7を導入

ファイルフォーマットはqcow2を使います isoイメージは/var/tmp/CentOS-7-x86_64-Minimal-1804.isoを使います ゲストOSのイメージは/var/lib/libvirt/images/centos7_1_qcow2.imgとします isoイメージのダウンロード cd /var/tmpwget http://ftp.iij.ad.jp/p…

AWS SUMMIT TOKYO 2018に参加!今年のノベルティは今までで最悪

AWS

AWS SUMMIT TOKYO に初日から参加しています わたしは基調講演からの参加 毎年のようにAWS社長の話からはじまるかと思ったら、まず登場したのは俳優の滝藤賢一氏自分がAWSという仮定で話始めてかなり印象的だった Amazon EFSがようやく東京リージョンでサー…

【puppet】「Could not request certificate: unknown message digest algorithm」エラーが発生した時の対応方法

このエラーが発生する原因はopensslのバージョンがあがったせいです 以下のコマンドでMD5を再び有効にします echo 'LegacySigningMDsmd5' >> /etc/pki/tls/legacy-settings puppet3.0はSHA256を使用するようになっています

【puppet】ca証明書の有効期間が過ぎてしまったので対応しました

ある日突然、puppetの動作が止まってしまいましたpuppetエージェントのログをmessagesで確認したところ、「Could not retrieve catalog from remote server: stack level too deep」というエラーが30分おきに表示されている状態 調べてみるとこれはcaの証明…

GLPI(オープンソース資産管理ツール)でPDF出力時の日本語文字化けを対策する

利用中のGLPIのバージョンは9.2.3です GLPIは色んな所で一覧ページをPDF出力することが可能ですが、デフォルト状態では日本語が文字化けします。理由は日本語フォントが入ってないから フリーの日本語フォントを手にいれて、管理画面で設定する方法なので、…

GLPI(オープンソース資産管理ツール)Acitve Directory 連携

GLPIは、Webコンソールへのログイン認証、Active Directoryを利用することができます。 認証方法にLDAPサーバを追加 「セットアップ」をクリック、「認証」をクリック 「LDAPディレクトリ」をクリック 「+」をクリック 上の画面を参考に、環境にあわせて変…

【GLPI】デフォルトユーザパスワードの変更

デフォルトで登録されているユーザーIDとパスワードは簡単に予測されるものなので早めに変更することをオススメ 今回はパスワードの変更方法です。管理者のglpiユーザーで設定します 「三」をクリック、「ユーザ」をクリック glpiユーザを変更するので「glpi…

GLPI(オープンソース資産管理ツール)をOCS Inventory NGと連携

AWS

前回はGLPIの導入までをおこないましたが、今回は自動でコンピュータの情報を収集できるOCS Inventory NGとの連携プラグインのセットアップをおこなっていきます OCS Inventory NG 連携プラグインのセットアップ 連携プラグインのダウンロードと配置 cd /tmp…

【Amazon Linux】GLPI(オープンソース資産管理ツール)インストール

AWS

GLPIというオープンソースの資産管理ツールをご存知だろうか? 簡単に説明すると会社にある資産(パソコンやディスプレイ、ソフトウェアなど)を管理するためのソフトウェア オープンソースというと出来具合それも日本語化などに関しては問題があるソフトウ…

【Amazon Linux】OCS Inventory NG 2.4.1 インストール

AWS

今までプライベートネットワークで稼働させていた「OCS Inventory NG」ですが、古くなってきたので再構築することにしました エージェントの設定はFQDNで行っていたので、大まかな作業としては以下のようになります OCS Inventory NG 新サーバ構築 DNS設定変…

Vtiger CRM 7.1.0 ドキュメントフォルダの作成・変更・削除

Vtiger CRM にはドキュメントを管理する方法が用意されています 今回は案件情報にRFPや提案書なんかをアップロードするときにフォルダを作成する方法について解説します 案件からフォルダ作成はできません 案件単位でRFPや提案書をアップロードしたいので、…

Amazon LinuxにVtiger CRM 7.1.0をインストール。日本語化まで行う

Vtiger CRM をベースに日本の環境にローカライズした、F-RevoCRMを導入したのだが、バグが多すぎてそのままでは使い物になりませんでした Amazon Linux にF-Revo CRM 6.5.0を導入した記事はこちら▼ Amazon LinuxにF-RevoCRM6.5をインストール!はまりポイン…

Amazon LinuxにF-RevoCRM6.5をインストール!はまりポイントなども紹介

CRM

無料で利用できる顧客管理ソフトの代名詞といえば、SugarCRMがとても有名だったが、いも最もホットな無料で試せるCRMといえば「F-RevoCRM」、vTigerCRMをベースに日本にローカライズされたCRM F-RevoCRMは完全フリーのオープンソースCRMとなっていて、顧客管…

puppetで「Run of Puppet configuration client already in progress; skipping」が発生し正常動作してなかったが復旧

RedHat Enterprise Linuxのバージョンは6.2 puppetのバージョンはpuppet-2.6.18-3.el6.noarch インターネットで調べてみると、ロックファイルやPIDファイルが残っている時にこのエラーが発生するということがわかった。 わたしの場合、以下のファイルを削除…

スポンサーリンク