スポンサーリンク

MySQLオフィシャルレポジトリを使ってのMySQL開始

MySQLオフィシャルレポジトリはこちら▼

MySQL OFFICIAL REPOSITORY

 

 

DockerイメージをDocker Hubからダウンロードし、MySQLを起動

$ docker run --name mysql -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=mysql -p 3306:3306 -d mysql:5.7

 

イメージの確認

$ docker images
REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE
mysql 5.7 5d4d51c57ea8 2 weeks ago 374MB

 

コンテナの確認

$ docker ps
CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES
105afd80f081 mysql:5.7 "docker-entrypoint.s…" 18 seconds ago Up 18 seconds 0.0.0.0:3306->3306/tcp mysql

 

 

 

MySQLの確認

MySQLへログイン

$ mysql -h127.0.0.1 -uroot -pmysql

 

MySQLバージョン確認

mysql> select version();

 

 

 

MySQLコンテナの保管

コンテナを停止し削除すると、MySQLに行った変更点はすべてリセットされます。

この場合は、コンテナを停止後、コミットしイメージを作成する必要があります。

 

コンテナ停止

docker stop イメージID

 

コンテナ保管

docker commit イメージID

 

この状態でイメージを見ると2つになっています。

$ docker images
REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE
<none> <none> 06d96b787e9f 3 seconds ago 374MB
mysql 5.7 5d4d51c57ea8 2 weeks ago 374MB

 

<none>となっているのが、commitにより保管されたイメージとなります。

よって次にrunするときはこちらのイメージIDを指定して起動します。

$ docker run --name mysql -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=mysql -p 3306:3306 -d イメージID

スポンサーリンク