スポンサーリンク

MacBook用にLogicool k760(ソーラーキーボード)を購入したので感想

前回は購入したマウスを紹介しました。今回はキーボードです。

MacBookのキーボードは板を叩いてるみたいで長時間の使用は疲れます。

 

 

購入したのは、ロジクール ワイヤレス ソーラーキーボード k760です。

 

 

AppleのキーボードはiMacで、Apple Wireless Keybordを利用しています。
こちらも電池式で交換が煩わしいので今回はこのキーボードにしてみました。

 

 

1週間利用したので、Logicool k760の良い点悪い点

 

 

良い点

安い

Apple Wireless Keyboardは¥11,800、k760は¥8,560、どちらもアマゾンの価格で、少しお安いです。
ちなみに、Magic Keyboadも同じ¥11,800です。

 

充電式

Apple Wireless Keyboardは単3電池2個の乾電池式でした。キーボードはマウスに比べると電池の消費は激しくありませんが、それでも電池交換が必要です。
Magic Keyboardは充電式になってる。

 

Bluetoothの切替ができる

これができるために買いました!
3つまで接続できて、切替ができます。
自分は今のところiPadとMacBookの切替で使ってますがとても便利ですよ

 

こんな環境で使ってます

 

 

悪い点

英語キーボード

やっぱり日本語配列のキーボードがいい。配列違うの覚えるの面倒です。

キーのタッチ感は、純正キーボードよりかなりいいのでもったいないです。

 

モッサリ感が気になる

マウスの時にも書きましたが同じ現象がでます。

 

 

まとめ

MacBookのキーボードを使うよりは疲れません。
ブルーツースの切替はかなり便利です。

しかしいかんせん、英語キーボードがつらいです。せっかく買ったんでもう少し使ってみます。

スポンサーリンク