スポンサーリンク

Amazon WorkSpaces 月額課金を時間課金に変更する

Amazon WorkSpacesをサービス開始当初から利用していますが、月額課金のみの課金方法しかないのであまり使わないユーザーにはもったいなかったです。

先日、時間課金のサービスが開始されたので早速試してみました。

 

 

 

時間課金がお得なのは?

利用時間によって時間課金に変更されることをオススメします。

目安は以下の通り。

  • Valueは80時間
  • Standardは82.5時間
  • Performanceは79.8時間

これ以内の時間しか利用しないのであれば、時間課金がお得です。

 

 

 

月額課金から時間課金への変更

現在の課金の確認

f:id:ishimotohiroaki:20160908171618p:plain

 

Running Modeが、AlwaysOnとなっているので月額課金になっている。

 

 

課金の変更

f:id:ishimotohiroaki:20160908171920p:plain

 

時間課金に変更したいWorkSpacesを選択した後、Modify Running Mode Propertiesを選択する。

 

 

f:id:ishimotohiroaki:20160908172132p:plain

AutoStopを選択する。セッションを切断した後、何時間で停止するかを選択する。1時間から48時間を1時間おきで設定できる。

Modifyで適用する。

 

 

緑枠の成功メッセージが表示されれば成功。

f:id:ishimotohiroaki:20160908172451p:plain

すぐに適用された。

Running Mode がAutoStopに変更されている。

AutoStopに変更した後、約10分後に自動停止した。

f:id:ishimotohiroaki:20160908172950p:plain

 

 

 

接続する〜自動起動

停止しているWorkSpacesに、WorkSpacesクライアントから接続すると、WorkSpacesが自動で起動します。

f:id:ishimotohiroaki:20160908173550p:plain

ユーザIDとパスワードを入力してサインインします。

すると以下の画面に切り替わります。

f:id:ishimotohiroaki:20160908173635p:plain

この状態でしばし待つことになるのですが、わたしの環境では約110秒かかりました。

 

 

 

 

手動停止する

Running Mode をAutoStopに変更することにより、手動でWorkSpacesの停止ができるようになります。

f:id:ishimotohiroaki:20160908174025p:plain

該当のWorkSpacesを選択しActionメニューからStop WorkSpacesを選択します。

こうすることにより手動で停止することもできます。

 

スポンサーリンク