読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

IBM Sametime 9.0 限定利用版のWindows Server 2012 再セットアップ方法

わたしがどうして再セットアップが必要になったかという理由は、SameTimeをテストするために立ち上げたサーバーを本番に移行する必要が出てきたためだ。
Dominoだけ入れなおして何とかしようと悪戦苦闘したがどうにもならなかったのでこの方法にしました。

 

ポイントは、アプリケーションによってはデータベースに保管しているものもあるので、再セットアップの際にはデータベースの削除までしておくことです。

 

 

削除手順

サービスでDomino停止

アプリケーションの追加と削除で、Sametime Server をアンインストール

再起動

サービスでDomino停止

アプリケーションの追加と削除で、Domino をアンインストール

再起動

WASを停止(もし停止できない場合は開始して停止)

IBM Installation Managerで、SSCとWASとProxyをアンインストール(30分以上かかります)

DominoとSametimeServerとWebSphereのディレクトリ削除(もしくは移動)

WebSphereなどがサービスから削除されなかった場合には、SCコマンドでサービスから削除

コマンド・ウィンドウ-管理者でSTSCとSTPXデータベース削除

再起動(念のため)

 

 

 

導入手順

STSCデータベース作成

WAS導入

SSC導入

Domino導入

Sametime導入

 

SSC導入で問題発生

f:id:ishimotohiroaki:20160714085936p:plain

 

 接続情報のユーザIDとパスワードを再入力して保管することによりエラーが発生しなくなりました。

 

 

スポンサーリンク