スポンサーリンク

macOS High SierraへのAzure CLI 2.0のインストール

macでAzure CLI 2.0をインストールすることに

しかし、エラーが発生しインストール失敗

 

原因はデフォルトのPythonバージョンが2系であることでした

Python3.6.4にバージョンアップすることで正常にインストールできたので、その手順を紹介します。

 

 

 

Azure CLI 2.0のインストール失敗

docs.microsoft.com

macOS での Azure CLI のインストール | Microsoft Docs

 

こちらの手順にしたがって、こちらのコマンドでインストールを実行

brew update && brew install azure-cli

 

しかし以下のエラーで失敗

Error: An unexpected error occurred during the `brew link` step
The formula built, but is not symlinked into /usr/local
Permission denied @ dir_s_mkdir - /usr/local/Frameworks

Error: Permission denied @ dir_s_mkdir - /usr/local/

 

調べてみるとPython3.6.4のインストールで失敗していました

 

 

 

Python3.6.4のインストール

pyenvというツールでPython3.6.4をインストールして切り替えます。

 

brew install pyenv

vi ~/.bash_profile(ない場合は作成します)

export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"(最後に追加)

source .bash_profile

echo $PATH(パスが通っているか確認)

pyenv install 3.6.4(Pythonインストール)

pyenv global 3.6.4(Python3.6.4を使える状態にする)

python -V(Pythonのバージョン確認)

 

 

 

Azure CLI 2.0の再インストール

brew update && brew install azure-cli

 

brew update && brew install azure-cli
Already up-to-date.
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/azure-cli-2.0.29.high_sierr
######################################################################## 100.0%
==> Pouring azure-cli-2.0.29.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
Bash completion has been installed to:
/usr/local/etc/bash_completion.d
==> Summary
🍺 /usr/local/Cellar/azure-cli/2.0.29: 10,555 files, 54.5MB

 

ビールのマークが表示されてインストールが成功しました。

 

az --versionと入力してバージョンが表示されればコマンド利用可能です。

 

 

 

Dockerもあります

どうしてもPython2の環境を残しておかなければならない、OSが汚れるのがイヤという人にはDockerをオススメします。

docs.microsoft.com

スポンサーリンク