スポンサーリンク

GLPI(オープンソース資産管理ツール)でPDF出力時の日本語文字化けを対策する

利用中のGLPIのバージョンは9.2.3です

GLPIは色んな所で一覧ページをPDF出力することが可能ですが、デフォルト状態では日本語が文字化けします。理由は日本語フォントが入ってないから

フリーの日本語フォントを手にいれて、管理画面で設定する方法なので、他のバージョンでも同様の手順で日本語文字化けに対応できるはず

 

IPAフォントのダウンロードと追加

こちらのサイトから、「IPA Pゴシック(Ver.003.03)」ipagp00303.zip(4.09MB)をダウンロードします▼

IPAフォントのダウンロード

 

セットアップ

unzip ipagp00303.zip
cd ipagp00303
sudo /var/www/html/glpi/vendor/tecnickcom/tcpdf/tools/tcpdf_addfont.php -i ipagp.ttf
>>> Converting fonts for TCPDF:
*** Output dir set to /var/www/html/glpi/vendor/tecnickcom/tcpdf/fonts/
+++ OK : /home/ec2-user/ipagp00303/ipagp.ttf added as ipagp
>>> Process successfully completed!

 

 

GLPI Webコンソールで設定

f:id:ishimotohiroaki:20180511090608p:plain

「セットアップ」をクリック、「一般設定」をクリック

 

f:id:ishimotohiroaki:20180511090901p:plain

「デフォルト値」をクリック、PDF出力時の出力フォントで「IPAPGothic」を選択、「保存」をクリック

 

以上でセットアップは完了ですが、日本語で表示するためには一旦ログアウトが必要です。

 

再度ログインしてPDF出力をして確認してみてください
文字化けがなおっています

 

スポンサーリンク