読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

MacBook用にLogicool T651を購入したので感想

MacBookで別キーボードと別マウスと別ディスプレイを付けたくなったので、まずは別マウスを購入。

 

購入したのは、ロジクールT651

 

 

今までは、AppleのMagic Trackpadを使っていたが、電池の交換が煩わしいので今回はこのマウスにしてみました

 

1週間利用したので、Logicool T651の良い点悪い点

 

良い点

安い

Magic Trackpadは¥9,770、T651は¥7,600、どちらもアマゾンの価格で、少しお安いです。
ちなみにMagic Trackpad 2 は¥14,800なんだが、すごく使ってみたい。

 

充電式

Magic Trackpadは単3電池2個の乾電池式でした。電池の減りも激しいのでしょっちゅう電池交換してました。

Magic Trackpad2は充電式になっている。

 

角度

Magic Trackpadと比べて角度がゆるいです。
Magic Trackpadは人差し指に引っかかる感覚があったが、この製品はない。

 

悪い点

ソフトウェアの導入が面倒

ソフトウェアを導入する必要がある、おまけにURLが変わってる。
マウスパッドの裏には以下のURLが書かれている

しかしこのURLにはたどり着けない。

このURLから「Logicool Preference Manager」をダウンロードしてインストールする。

おまけにこのバージョンでは使い物にならない、少し時間がたつと「バージョンアップするか?」といってくるのでバージョンアップしましょう。

 

モッサリ感が気になる

たまに反応が遅いときがある、少しもっさり感があり気持ちが悪い。

 

 

まとめ

デメリットも書きましたが、まあまあ気に入ってます。
マウスは良く使うものなのでいいものを使いたいですね。

BetterTouchToolが使えないので、使う人はMagic Trackpad 2を選ぶしかない。
BetterTouchToolを使わず、安いのがいい人はT651で良いと思います。

スポンサーリンク