スポンサーリンク

Linux

CentoOS7でOpenVPN2.4とEASY-RSA3を動作させたときのまとめ

OpenVPNは便利なので使うシーンが多いですよねでもCentOSのバージョンアップによるコマンドの変更や、easy-rsaのバージョンアップによる違いなどとまどうことも多いはず わたしもかなり苦労しました わたしと同じ目にあって時間をロスしないお役にたてればと…

CentOS6.7のKVMにCentOS7を導入

ファイルフォーマットはqcow2を使います isoイメージは/var/tmp/CentOS-7-x86_64-Minimal-1804.isoを使います ゲストOSのイメージは/var/lib/libvirt/images/centos7_1_qcow2.imgとします isoイメージのダウンロード cd /var/tmpwget http://ftp.iij.ad.jp/p…

【puppet】ca証明書の有効期間が過ぎてしまったので対応しました

ある日突然、puppetの動作が止まってしまいましたpuppetエージェントのログをmessagesで確認したところ、「Could not retrieve catalog from remote server: stack level too deep」というエラーが30分おきに表示されている状態 調べてみるとこれはcaの証明…

puppetで「Run of Puppet configuration client already in progress; skipping」が発生し正常動作してなかったが復旧

RedHat Enterprise Linuxのバージョンは6.2 puppetのバージョンはpuppet-2.6.18-3.el6.noarch インターネットで調べてみると、ロックファイルやPIDファイルが残っている時にこのエラーが発生するということがわかった。 わたしの場合、以下のファイルを削除…

CentOS6.7のKVMホストで、CentOS6.7の仮想OSが起動しなくなった

しばらく使っていない仮想OSを起動しようとすると、エラーが出て起動しない。 /var/log/messagesを見ると以下のエラー Mar 6 15:45:52 sv-kvm001 kernel: device vnet9 entered promiscuous modeMar 6 15:45:52 sv-kvm001 kernel: br0: port 9(vnet9) enteri…

CentOS7でOpenVPN2.3が起動しない時の対応方法

CentOS 7.3.1611にOpenVPN2.3.14(EPEL)を導入した場合、デフォルトのserver.confでは起動しませんでした。 導入方法は以下のサイトを参考にしました。 参考文書:アイビスブログ: EPELを利用してのOpenVPN2.3のインストール

CentOS7でnamed-chrootが起動しない場合の対応。selinuxの無効化が鍵でした。

CentOS7で以下のサイトを参考にして内部DNSを構築しました。 参考:内部向けDNS構築・解説 CentOS7.1 - Qiita 最後に、systemctl start named-chrootで起動するのですが、わたしの環境では起動に失敗しました。

CentOS5.3(i386)へのMoodle1.9.5+のインストールは驚くほど簡単

CentOS5.3(i386)にMoodle1.9.5+のインストールをしたところ、ドキュメント通りに進めると驚くほど簡単に導入できました。epelにmoodle1.8.8のパッケージがあったので、さらに簡単に導入したい人は利用してもいいと思います。■Moodleインストールドキュメント…

curlを利用しての複数ファイルFTP送信

curlを利用して複数ファイルを送信時に、ftpのmputみたいなコマンドがなく、*が利用できないので、ディレクトリ内の全ファイルを送信するには不便です。そこで、下記の様なシェルを作成することでディレクトリ内の全ファイルが送信できるようになります。fo…

スポンサーリンク